子供

需要が高まっている英検は小学生の時から勉強しよう

女の子

英語と自然に接する環境

プリスクール卒業後の進路は、インターナショナルスクール、私立小学校、公立小学校とさまざまです。インターナショナルスクールに行く場合を除いて、英語に触れる時間はがくんと減ってしまいます。学んだ英語力を維持するために、アフタースクールに通うなどして英語に触れる時間を持つようにするといいでしょう。

女の子と女性

脳を鍛えよう

幼児教室は過熱する幼少時の教育競争を背景に需要が拡大しています。しかし大切なこともあります。それは子どもの成長のペースを見守ることです。たくさんの教室があるので詰込み型になることがあります。成長には差異があるので、温かく見守りましょう。

子供でも役立つ英語の資格

ぬいぐるみ

年々早まる英語教育

日本では小・中学校での学習指導要領の改定案が固まりましたが、その中に小学校5〜6年生で英語を正式な教科として取り扱う事、またそれに伴い従来の「英語に親しむ授業」を小学校3年生に前倒しするとの案が打ち出されました。これらの新しい指導要領は2020年から実施される見通しです。このように、近年では小学校でも本格的な英語学習を取り入れる流れになっており、幼児の頃からキッズ英会話スクールに通うなど、早期に英語教育を開始する家庭が多くなっています。そのようにして学んだ英語力を生かして、英検にチャレンジする小学生も多くいます。近年では、英検を取得することで受けられるメリットは就職だけでなく、中学や高校・大学受験にも優遇措置を受けられるケースが年々増加しています。

英語が入試に役立つ

具体的にはどのように優遇を受ける事ができるのでしょうか。各学校によってその優遇内容は異なることがあります。ある私立の中学・高校では、英検でそれぞれの基準以上の級を取得していると、入試の際に英語の試験結果を換算してもらえるという学校が数多くあります。他にも入試の点数に一定の加算がされたり、合否判定の際の判断基準としてもらえるケースは多いです。また、大学においても同じように満点・一定の点数に換算される大学が多くあるほか、2級以上を取得していると授業料が免除されるといったケースもあります。このような入試の背景において、小学生のうちに正式な教科として授業がされるのであれは尚更英検にチャレンジすることはとても身近で意義のあることだと言えるでしょう。特に英検5級は中学1年生で学習する基本的な内容であり、小学生が家庭学習で取り組んでも無理なく習得が可能な内容です。ぜひ、小学生のうちに5級合格を目指してみてはどうでしょうか。

子供

世界に通用する人間

インターナショナルスクールは、英語での授業なので子供を将来海外で活躍できる人材に育てたいという場合にはとても適しています。個人個人の個性を尊重し、のびのびとした自由な教育を行なっている点も魅力的です。