児童

需要が高まっている英検は小学生の時から勉強しよう

  1. ホーム
  2. 英語と自然に接する環境

英語と自然に接する環境

女の子

スクールの内容

プリスクールとは、小学校入学前の子どもたちを対象に、基本的にずっと英語環境のもとで過ごすスクールです。一般的な幼稚園のタイムスケジュールと同じように、多くのプリスクールでは9時頃登校して14時ごろ帰ります。もちろんスクールによって時間は前後します。また週5日通うと決められているわけではなく、多くのスクールで通学回数を週1回〜5回の中から選択できるようになっています。先生はネイティブ講師を中心に、補助的に日本人スタッフがはいる形式がよく見られます。挨拶、歌、工作や料理などのアクティビティ、外遊び、絵本の読み聞かせなどをずっと英語で行うことで、英語に自然に親しむ環境となっています。保育内容は保育園よりは幼稚園に近いと言えるでしょう。

選ぶ際の注意点

プリスクールに通わせることを検討したら、不可欠なのは体験レッスンへの参加です。体験レッスンでは、まずそのプリスクールの子ども達が楽しく過ごしているかどうか観察しましょう。また校内の広さは十分にあるかや安全面、衛生面も確認しましょう。講師の質も大切です。英語圏の国の出身かということも大切なポイントですが、子どもを指導することに慣れているか、我が子との相性はどうかということもしっかり見極めましょう。プリスクールではふつう、日本人スタッフが補助的に手助けしてくれますが、どういった感じで補佐にはいるかを見ておきましょう。あまり日本人スタッフが前に前に出てくるようだと、英語環境で過ごすというプリスクールに通わせる目的に適いません。